渡辺祥智『その向こうの向こう側』1巻 マッグガーデン

その向こうの向こう側』というマンガの最初の巻でした。このマンガを読もうと思ったのは、なんかタイトルから『虹の彼方へ』を連想したからです。『オズの魔法使い』ではドロシーが自分の世界に帰る「方法」を実は最初からもっている点が結構好きです。その展開がテーマソングの歌詞と重なって、「どこか虹の向こう」だと思っていたのが、自分の足元にあったって感じがするからかなと思います。最近、よく聴く歌の歌詞にも、ゴールだと思ってリセットボタンに飛び込むという内容があるので、自分はそういうお話しが好きなのだなと思います。で、向こうの向こう側にまっているのが、別の場所なのか、同じ場所でその意味が変わるのかなど興味を持ったので読んでみました。

内容というか、設定はイマイチ分かりませんでした。主人公の男の子はなんとかなるさが口ぐせの前向き少年でした。印象に残ったのは、彼がケータイのことを嫌だと思う理由が、どこにいても捕まってしまうからだと考えていることでした。