吉崎観音『ケロロ軍曹』11巻 角川書店

ケロロ軍曹』というマンガの11巻目でした。

この巻のケロロ軍曹日向夏美のケンカを見ていて、なんかいいなと思いました。ケンカをしている人たちを見て、仲が悪いと形容してしまうときと、仲が良いと形容するときがあると思うのですが、その線引きをどのあたりでやっているんだろうと、ぼーっと思いました。そういえば、『学園戦記ムリョウ』の中で、主人公の少年とその妹のやりとりを見た宇宙人が彼らのやりとりはケンカと認識できるが、お互いに対する親しみが感じられるのはなぜかと疑問に思っているシーンがあったことを思い出しました。あと、忍びの里が解体されて、いまは「普通の」社会の中にみんな紛れて暮らしているというお話しがあったのですが、バラバラになっていても、かつて所属した集団への帰属意識をある種の思い出のようにもちながら、日常を送ることってあるのかもなあと思いました。