磯部潮『「うつ」かもしれない』光文社新書

この本を読もうと思ったのは、出版されて少し経つのに、まだ本屋さんで平積みされていたので、売れているのかなと思ったからです。読もうと思った理由とタイトルとの関係はあまり考えたくありません。

内容は、うつ病ってどんなものか書いてあったり、服薬や薬の種類、副作用などが書いてあったり、うつ病で自殺した人やうつ病の人の例が個人を特定できないように話をぼかしてあるとことわった上でかかれていたりしました。

これにあてはまれば、うつ病(かもしれない)という項目の全てにあてはまってしまっているので、どうしようと思いました。本当にどうしましょう。でも、食欲はないけれど、まだ砂を噛んでいるように感じられたりはしないので、きっと大丈夫だと思っていこうかなと思います。

ちょっと気になったのは、病気の例になっている人のほとんどが一度、休職したあとで、復職したことになっているのですが、本当に会社をやめることなく済んでいるのだろうかと思ってしまいました。