吉崎観音『ケロロ軍曹』6巻 角川書店

ケロロ軍曹』というマンガの6巻目でした。

この巻ではケロロ軍曹の仲間の一人(一匹?)がベルトをなくして、銃の照準が定まらないというお話しがありました。このマンガはいろいろなことのパロディでできているので、『ルパン三世』の次元大介の設定が念頭にあったのかなと思いました。(アニメだけの設定かもしれませんが、次元はいつもかぶっている帽子で照準を定めているので、敵さんに帽子を全部燃やされて、ピンチに陥る話数があります。)

あと、この巻の本編の最後のお話しがとても気になりました。なにかを忘れているんじゃないかという感覚はイヤーなものだなと思いました。