山形石雄『戦う司書と恋する爆弾』集英社スーパーダッシュ文庫

この本を読もうと思ったのは、司書さんが出てくる本のようだし、評判もいいようだったからです。

読んで思ったのは、やっぱりタイムパラドックスのことです。ですが、深く考えないことにしました。ずっとずっと後の時代の人の幸せのためにずっとずっと前の時代の人が犠牲にならなくてはいけないことってどうしてもあるのだろうか、と、なんとなく思いました。