羽海野チカ『ハチミツとクローバー』3巻 集英社

ハチミツとクローバー』というマンガの3巻目でした。

なんだかんだいって、3冊目まで読んでしまいました。竹本くんのモノローグが好きなので読んでいるのかなと思います。この巻で印象に残っているのは、観覧車のシーンで言及されているアニメの主題歌です。曲名は明言されていないのですが、歌詞から察するに『天空の城ラピュタ』の『きみをのせて』だと思うのですが、どこを探しても「きみ」を見つけることができなくなると、地平線も輝いて見えなくなるのかなと、ぼんやり思ってしまいました。でも、今気づいたのですが、あの歌での「きみ」って別に既知の仲じゃなくて、出会いがあるという可能性をさしているのかなあと思います。だからこのシーンで竹本くんは連想したのかなと、勝手に納得しました。

あと、スーパーに対抗するために商店街の人たちがクリスマス商戦で頑張る話数があったのですが、駅前で没落しているとか、いろいろと原因はあるんだろうけれど、営業努力ってしないといけないのかなあと思ってしまいました。