吉崎観音『ケロロ軍曹』3巻 角川書店

ケロロ軍曹』というマンガの3巻目でした。昔、1巻は読んだことがあって、2巻を読んだかどうか忘れたのですが、ま、いいやと思って3巻を読んでみました。先日、アニメを見て、そのときはケロロ軍曹が家具の角に足の小指をぶつける計画で地球を征服しようとしていました。で、結末が、外国では室内で靴を脱がないので、征服計画が挫折するというものだったのですが、そのオチのつけかたとか、今の自分にとって面白かったので、マンガを読んでみようかなと思いました。

昔読んだときより面白いと感じました。ドラゴンボールとかエヴァンゲリオンとかのパロディが結構あって、パロディって、元ネタが分からないと全然面白くないけれど、分かると嬉しいなあと思いました。印象に残っているのは、この巻の最後のお話しで、ケロロ軍曹が自分の母星による地球大侵略をうまく回避するくだりです。ケロロ軍曹が地球での生活を居心地のいいものだと感じて、周りにいる人間のことが好きだからそういう行動に出たのだと思うと、仲良くなることが争いを避けることになるんじゃないのかなあと甘い幻想を抱いてしまいました。