加藤元浩『Q.E.D.』24巻 講談社

Q.E.D.』というマンガの24巻目でした。この巻には「クリスマスイブ」と「罪と罰」が収録されていました。

「クリスマスイブ」を読んで思ったのは、友達と大事な人のどちらを信じるかなら、やっぱり大事な人の方を信じるべきなのかなということです。いずれにしても、自分自身で確かめるのが大切かなと思いました。

罪と罰」を読んで思ったのは、このお話しに使われている手法って、ズルくないのかなということです。多分、読者にも分かるように手がかりは呈示されていると思うのですが、それでもズルいと思われないのかなと思いました。