小畑友紀『僕等がいた』1巻 小学館

僕等がいた』というマンガの最初の巻でした。このマンガを読もうと思ったのは、『蒼穹のファフナー』というお話しがあって、それのキャッチフレーズが「あなたはそこにいますか?」なのですが、このマンガはそれのアンサー・マンガ(そんなワケないか・・・)と思ったからです。

主人公の男の子が抱えている影が徐々に明らかにされていくのですが、自分が信じることができるかどうかが問題になる局面で、きっと自分だったら疑うことしかできないのだろうなと思って、ちょっと哀しくなりました。